営業をするならしっかりと自社サービスの強みを把握するべきだと思う

「弊社サイトに広告掲載しませんか?」

といった内容の連絡を結構大きな会社からもらった。その会社は結構有名なサイトを運営している。

ただ有名なサイトではあるかもしれないが、どのくらい弊社にとって有益であるか分からない。そこで、連絡をくれた営業担当者に電話をし、いくつか質問してみた。

①なぜ弊社に連絡をしようと思ったのか?
②そのサイト(弊社の広告を掲載するページ)はどのくらいのアクセスがあるのか?
③どのようなキーワードで調べてきたユーザーに弊社の広告は見てもらえるのか?

①の質問については、「WEBにおいて専門性がある」と、弊社のサイトを見て思ったそうだ。それに関しては一応納得した。

②と③に関しては、答えてもらえなかった。正確に言うと「分からない」と言われた。

そこで新たな疑問が私の中で出てきた。

「営業してくるということは、自社のサービスに自信があるからこそ営業してくると思うのですが、いかがでしょうか?」

すると

「弊社のサービスに自信を持っております。」

と回答される。そこで

「では、サービスに自信を持っているという根拠を教えていただきたいと思います。それが②であったり③であったりだと思うのですが。それ以外でもよいから教えていただけませんか?」

すると

「②や③の情報に関しては担当の者から連絡させていただきます。」

・・・。

いやいや、営業さん。あなたの自身はどう思っているの?あなたの意見を聞きたいんだよ。

単純に会社から、「手当たり次第に連絡をしろ。それがお前の担当だ。コンタクトが取れた会社には説明担当が説明するから、お前はとりあえずいろいろな会社に連絡をしろ。」といった感じで指示が飛んでいたのでは?と思われる。

実際そういった会社は多く、今までも営業の電話やメールはたくさんもらっている。その中には、やはり営業と説明担当が分かれているところがいくつもあった。

それがその会社の経営方針であれば、そうなんだろうという感じなのだが、私の中では腑に落ちない。

営業をするということは、自社のサービスに自信があるということ。そしてそれを相手に勧め契約を取るというものだ。つまり営業自身が自社のサービスについてある程度理解しておく必要があり、少なくても自社サービスの自身の根拠は理解しておく必要がある。そうでなければ、相手におススメすることはできないのではないだろうか。

ちなみに、説明担当から電話がかかってくる予定だったが、予定の時間になっても電話はなかった。こいつめんどくせぇと思われたのかもしれない・・・。

記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メイン業務

ピックアップ記事

  1. 富士市岩本山富士方面下り

    2015-9-25

    ホームページが消えてしまった!いえいえ何とかなるかもしれません

    仕事柄、「ホームページが見えなくなってしまった」とか「ホームページのデータを紛失してしまった」という…
  2. 田舎のアフィリエイター WEBコンサルで海外へ

    2015-7-6

    百度(バイドゥ)は5年前のGoogle水準!? WEBコンサルで上海のSEO会社で学んだこと

    先月、仕事で中国は上海に行ってきました。 いろいろ事情があり、そのクライアントの仕事を6月をも…
  3. それ今でも通用する?SEOの「大きなワナ」

    2015-3-2

    それ今でも通用する?SEOの「大きなワナ」

    「SEO」という言葉はずいぶん昔からある言葉なのですが、時が経つにつれ、その知名度はどんどん上がって…

ホームページ制作実績

株式会社イーシーセンター

BC留学ステーション静岡

marlmarl

いろどり

いいもの市場

過払い解決

リフォームのリファイン

ページ上部へ戻る