富士まつり(2015)の花火事故について

富士祭り2015

昨日の富士まつり。家から花火を見ていたのですが、奥さんが「あれ?早く終わった?」なんて言っていたら、事故が起き、最後の花火は上がっていないようですね。

確か、かりがね祭りの「投げ松明」も数年前に事故になり場所を変更して、今の場所で行われるようになりました。その当時、現場で見ていたのですが、「あれ、火事じゃん、って打ち上げ花火が人の方に飛んできているんだけど・・・」と言った感じでした。

花火と人との距離が近ければ近いほど、その迫力は物凄いものになります。ただし、花火は絶対安全というわけではありません。そのため、距離が近ければ近いほど、事故が起こる可能性があります。

安全に花火を楽しみたいのであれば、やはり花火と人との距離を取らないと、今回のような事故が再び起こる可能性は否定できないことでしょう。

迫力を楽しみたいのであれば、事故の可能性も考えながら、観客も注意しなければならないでしょう。

今回の一件で一市民として心配しているのは、今回の事故によって、今後の花火大会を縮小したり、取りやめになることだけは止めてもらいたいと思います。

被害に合われた方は軽傷とのことでしたが、一日も早い回復を祈っています。

※今回の事故に関して7月27日付で市役所のホームページには「富士まつり2015における花火事故について」とコンテンツが追加されていましたが、市のTOPがすぐさま声明を出さなくてはいけないのでは?と思いました。もし出していたら私の調査不足ですのでごめんなさいします。

参照⇒かりがね祭り

記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メイン業務

ピックアップ記事

  1. 富士市岩本山富士方面下り

    2015-9-25

    ホームページが消えてしまった!いえいえ何とかなるかもしれません

    仕事柄、「ホームページが見えなくなってしまった」とか「ホームページのデータを紛失してしまった」という…
  2. 田舎のアフィリエイター WEBコンサルで海外へ

    2015-7-6

    百度(バイドゥ)は5年前のGoogle水準!? WEBコンサルで上海のSEO会社で学んだこと

    先月、仕事で中国は上海に行ってきました。 いろいろ事情があり、そのクライアントの仕事を6月をも…
  3. それ今でも通用する?SEOの「大きなワナ」

    2015-3-2

    それ今でも通用する?SEOの「大きなワナ」

    「SEO」という言葉はずいぶん昔からある言葉なのですが、時が経つにつれ、その知名度はどんどん上がって…

ホームページ制作実績

BC留学ステーション静岡

marlmarl

いろどり

いいもの市場

過払い解決

リフォームのリファイン

ページ上部へ戻る