サイトスピードを改善する方法 テンプレート変更を検討してみるのも1つの手

サイトスピードを改善する方法としてテンプレートを変更するという方法があります。

実は最近、この方法でモバイルの数字が一気に倍になりました。

「48」⇒「94」です。

数年前から少しずつ作成している「ファクタリングで資金調達デキタ!」なのですが、「PageSpeed Insights」の数字が悪く、何とかしたいと考えていました。

以前は海外製の有料テンプレートを使用していました。このテンプレートはサイトの表示スピードが早いという噂を耳にしたためです。しかし結果は「48」・・・。ちなみにこれでもいろいろ試行錯誤した結果での「48」です。

そこでテンプレートを変更することに。テンプレートは以前から何度か利用している「賢威」です。

結果一気に「94」に!

ということで、サイトスピードの数字が悪く改善させたいと考えている人は、テンプレートを変更するという選択肢があることも覚えておいてください。

ちなみにですが、今回はサイトを通常通り動かしながら、同じサーバーにテスト環境を作って作業を行いました。サーバーが同じじゃないと違いが比べられませんからね。

サイトスピードが向上しても検索順位が上がるとは限らない

話の腰を折ってしまうかと思うのですが、サイトのスピードが向上したとしても、検索順位が上がるとは限らないということを覚えておきましょう。

実際、今回テンプレートを変更したサイトの検索順位は今のところ変化なしです。この辺りについてはしばらく順位を追っていこうかと思いますが、そこまで期待はしていません。あくまでも自己満足だと思っています。

ではサイトスピードを向上させることは無駄なのか?というと、そうとは限らないのです。

結論から言いますと、サイトの表示スピードが速いに越したことはありません。サイトの表示スピードが速ければユーザーに余計なストレスを与えなくて済みます。それはつまり、離脱率を減らすことにつながりますし、サイト内の回遊率を高めることにもつながります。結果として検索順位を上げることに期待が持てるということです。

「こうしたほうがユーザーにとっていいだろうなぁ」

と思うことは少しずつでも対策をしていった方がよいでしょう。今回の場合は単純に私個人が気になってしまいテンプレートを変更しました。

記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メイン業務

ピックアップ記事

  1. サイトを作ったからモノが売れる?ヒトが見に来てくれる?それは大きな間違い

    2015-9-25

    ホームページが消えてしまった!消えたホームページは元に戻せる可能性がある

    仕事柄、「ホームページが見えなくなってしまった」とか「ホームページのデータを紛失してしまった」という…
  2. 田舎のアフィリエイター WEBコンサルで海外へ

    2015-7-6

    百度(バイドゥ)は5年前のGoogle水準!? WEBコンサルで上海のSEO会社で学んだこと

    先月、仕事で中国は上海に行ってきました。 いろいろ事情があり、そのクライアントの仕事を6月をも…
  3. それ今でも通用する?SEOの「大きなワナ」

    2015-3-2

    それ今でも通用する?SEOの「大きなワナ」

    「SEO」という言葉はずいぶん昔からある言葉なのですが、時が経つにつれ、その知名度はどんどん上がって…

ホームページ制作実績

株式会社イーシーセンター

BC留学ステーション静岡

marlmarl

いろどり

いいもの市場

過払い解決

リフォームのリファイン

ページ上部へ戻る