シンガポールに行くなら絶対必要 wifiルーターはとっても便利

シンガポールのイベント・アトラクション お得な割引Eチケット

シンガポールだけではありませんが、海外に行くなら絶対におススメしたいのは「wifiルーター」です。

つまりインターネットをするための機械です。

これがないと、旅行先でスマホでのインターネット利用ができません。無料のwifiを利用できるエリアはありますが、利用できない所も多いですし、接続に手間がかかることもあります。

「使いたいときにパッと使える」

そのためには、絶対にwifiルーターを持って行った方が良いでしょう。

無料wifiがあることはあるが・・・

シンガポールでは基本的にホテル内で無料のwifiに繋ぐことができます。

これはマリーナベイサンズのwifiを利用しているときの画面です。このようにwifiのところに「Marina Bay Sands」と表示されます。

しかしこのwifiに接続するためには、専用のパスワードが必要となります。専用のパスワードはチェックインの時に発行してくれます。

私の時は「部屋番号+名字の初めの部分」でホテル側がパスワードを決め発行されました。つまり1234号室に泊まり名前が田中だったとしたら「1234TANA」のようなパスワードが発行されます。

つまりマリーナベイサンズの無料wifiを利用するためには、パスワードが必要となり、そのパスワードはチェックインの時に発行され、宿泊客ごと(部屋ごと)にパスワードが異なるのです。

つまり無料でインターネットを使うことができるはできるのですが、宿泊者でパスワードを持っている人しか使えない仕組みになっています。

また、あくまでもマリーナベイサンズのwifiであるため、ホテルから離れてしまうと使えません。

このようなこともあり、大きな施設だからwifiが利用できるかというとそうではなかったり、一定の条件がかけられていることがあるのです。

これは本当に不便です。例えば外出するときにはグーグルマップが非常に便利なのですが、インターネットにつながっていないと使うことができません。無駄に迷ってしまうこともあります。限られた海外滞在時間、なるべく有効に時間を使いたいものです。

そんな時に非常に役に立つのが「wifiルーター」です。「wifiルーター」を持っていればどこでもインターネットを利用することができます。



携帯式wifiルーターは1日中使える

今のwifiルーターはかなり長時間使えます。一日中電源を入れた状態にしておいても大丈夫なくらいです。もしバッテリーに不安を感じるようであれば、携帯バッテリーを持参するのも良いでしょう。

ちなみに、私の場合は携帯バッテリーを持っていきましたが、使うことがありませんでした。

インターネットを使いたいときだけ、wifiルーターの電源を入れ、使わない時には極力電源を切っていました。

そのような使い方で、1日中、満足に使うことができました。

空港で借りることができる

wifiルーターは日本を出発するときに、空港で借りることができます。羽田空港でも成田空港でも借りることができます。

今まで何度か利用しています。

wifiルーターを借りることができる会社は空港内に複数社あります。万が一お目当ての会社で借りられなかったとしても、その他で借りることができると思います。

とはいえ、数に限りがあるため事前に予約をしておいた方が間違いがありません。

※特に観光シーズンは旅行客が多いので事前予約しておいた方が良いかもしれません。



気を付けなければならないのは、wifiルーターを貸してくれるレンタル会社は空港内に複数あるのですが、レンタル会社によって1日当たりの利用料が違うのです。それもかなり金額に開きがあります。

一応今回も4つのレンタル会社の料金表を見て回り比較しました。

「テレコムスクエア」「Wi-Ho!」がおススメ

私が借りたのは「テレコムスクエア」というところの「Wi-Ho!」というルーターです。いろいろ見て回ったのですが、ここが比較的安かったというのが決め手でした。

また返却方法も帰国後、空港内の返却ポストに入れるだけという手軽さに惹かれました。

さらに、他のレンタル会社だと、ほんの数時間でも1日分としてカウントされてしまうのですが、この会社は違いました。

つまり私が出発したのが11月19日の夜中の12時5分。wifiルーターを借りたのは前日の18日。そして帰国したのが23日の朝6時。返却も23日。

シンガポールにいたのは、19日~22日の4日間です。つまりwifiルーターを使用したのも4日間ということになります。

「テレコムスクエア」の場合、wifiルーターの利用料はこの4日分でOKでした。

しかし某レンタル会社は18日~23日分の6日分を支払わなければなりませんでした。すぐに日付が変わるというのに、その数時間も1日分の使用料がかかってしまうのです。さらに1日当たりの使用料が「テレコムスクエア」の2倍近い金額でした。

このようなこともあり、「テレコムスクエア」を選んだほうが良いと思います。

料金発生表
日程 18日 19日 20日 21日 22日 23日
滞在場所 日本 0:05分 日本出発
朝シンガポール到着
シンガポール シンガポール シンガポール 6:00到着 日本到着
wifiルーター使用機会 × ×
テレコムスクエア × ×
某レンタル会社



レンタル料金が安いと問題あるのか

今回、4つのレンタル会社の中で一番安いところを選んだわけですが、旅行中不便を感じることは一切ありませんでした。

特に回線速度で不満を感じることもありませんでした。

なぜなら、旅行中インターネットを使うのは、観光地の情報サイトを見たり、道案内系のサイトやアプリを使ったりする程度です。

また、ホテルにいるときにはホテルの無料wifiを利用します。

結局のところ、wifiルーターは絶対にあった方が良いと思います。無駄に迷う必要がなくなりますし、おススメのスポットをすぐに探すことができます。Lineで音声通話することもでき連絡が取りやすくなります。FacebookやtwitterなどのSNSも使うことができます。

ということで、今回不便さを感じたことは特にありませんでした。

※ちなみに、モンスターストライクやパズドラ、ポケモンGoといったアプリも、ストレスなく動かすことができました。

保証は付けた方が良いのか?

ルーターを借りる際に、保証を付けるかどうか選択することになります。旅行中に、ルーターを壊してしまっり盗難にあってしまったとき、もしくは破損させてしまったときのためです。

もしルーターを壊してしまったり盗難にあってしまった場合、保証に入っていなければ弁償しなければなりません。その金額は約4万円~5万円。また、部分的に破損してしまった場合にも、約1万円前後の弁償料を支払わなければなりません。

1日当たりの保証金は約200円ほどです。

人によって考え方が分かれるかとは思うのですが、私は今まで保証を付けたことはありません。失くさないし、盗られないし、壊さないと思い込んでいるからです。

でも冷静に考えると、このくらいの金額であれば保証はつけておいても良いかもしれません。普段持ち歩かない物のため、ついうっかりというのがあるかもしれないからです。

ということで、今までは保証に入っていなかったわけですが、次回ルーターを借りる際には保障に入ろうかと思っています。

ちなみに、ルーターを借りつ時に「保証は付けますか?」と必ず質問されると思います。そこで断ったとしても、強く勧めてくることはありませんでした。

※先日韓国に行ったときには保障を付けました。

韓国(テグ)旅行ガイド 






   絶対お得な割引Eチケット

シンガポールのイベントやアトラクションの割引チケット。
現地で購入するよりも断然安く、さらにはチケット売り場の列に並ばずスムーズに入場できるのも魅力です!

お得な割引Eチケット






   航空券+ホテル予約

数ある予約サイトですが、多くの人が利用しているエクスペディアで航空券とホテルの予約をしました。







   海外で万が一の時の備え

海外の治療費は非常に高額です。
万が一、ケガや病気になってしまったとき、クレジットカードに保険を付帯させておけば安心です。

シンガポールで風邪をこじらせて困ったお話



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シンガポールの航空券・ホテル予約

私はエクスペディアを利用してシンガポール旅行をしました。

Wifiルーターは海外旅行に必須


海外旅行には必須アイテムwifiルーター

海外旅行には必須アイテムwifiルーター
あるのとないのとでは大違いです。絶対に持って行ったほうがよいでしょう。

格安イベントチケット

シンガポール旅行の格安チケットならこちら

海外保険が付いているクレジットカード

今回シンガポールで副鼻腔炎になってしまいました。海外の病院での診察代金は高いため、「保険が付いているクレジットカード」を持っていくことを強くおススメします。後で申請をすればお金が戻ってきます。 私は楽天カードを持っていきました。

ピックアップ記事

  1. アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークがバルコニーから見える
  2. ジューシーなお肉 チキンライスセットが4sd
  3. お手頃価格なシンガポールの副菜
ページ上部へ戻る